出会い率を上げる誘い方2つ

セフレアプリで女性を誘い出すときに大切なことは、会う理由のハードルを下げる、ということです。
例えば、「カラオケ行こう」と「ラブホ行こう」では、とりあえず会ってみるか、とハードルが下がるのは、カラオケですよね。
とりあえず会わないと何も始まらないので、ハードルの低い会える理由をいかに提案できるかが、出会えるかどうかの鍵になりますので、それについて書きたいと思います。
まず、どういった考え方をすればいいのか、になりますが、密室で知らない人と裸で二人きりになる恐怖心を払拭すること、これが基本です。
他にも人がいる場所で待ち合わせるとか、会ってすぐのプランは健全な遊びにするとか、不安なら友達と一緒に来ても良いよとか、相手の恐怖心のレベルに応じて、会いに行っても怖くないと思える条件で誘い出すのが大事です。
また、相手にとってメリットのある誘い方をすると、とりあえずそのためだけでも行こうと思ってくれます。
これまでに成功した例を言うと、とりあえず飯は奢るし、会って気が乗らなかったらすぐ帰っていいよ、とか、悩みがあるならいくらでも聞くよとか、欲しいとアプリ内の日記に晒していた安いTシャツぐらいなら買ってあげるから会おうとか、エッチを連想させずに、とりあえず会う約束を取り付ければ、あとは恩を着せたり、お酒の力を借りているうちに、最終的には落ちてくれます。
そんなわけあるかと思うかもしれませんが、一般のSNSなら正しくありえませんが、そもそもがセフレアプリに登録してる子たちですから、一般の体感ではありえないほど、スムーズにラブホまで行けちゃうんです。
嘘だと思うなら、真似してやってみて下さい。